生理前の腹痛・下痢・腰痛、その原因と対策

生理前の腹痛に悩む女性

生理前の腹痛や下痢、そして腰痛、程度の差こそあれ、これらの症状でお悩みの方は、少しでもそんな状態をラクにしたいとお考えのことと思います。

生理前の腹痛、下痢、そして腰痛の真犯人として昨今取りざたされているプロスタグランジン。そのプロスタグランジンの正体と、プロスタグランジンを効率よく抑え込む方法などをご紹介していきます。

生理前の腹痛や下痢、腰痛を引き起こすプロスタグランジンとは?

プロスタグランジン

生理前の腹痛や下痢、腰痛は、「プロスタグランジン」というホルモンと深い関係があります。

プロスタグランジンなんていう全く聞き慣れないホルモンは、一体どこからどうやって出てくるのでしょう?

それは排卵後、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンが作用して、妊娠中の赤ちゃんを育てるベッドのような役割を果たす子宮内膜が作られていきます。

胎児をつつむ子宮のベッドそしてこの子宮内膜は、受精卵が着床されずに妊娠が成立しなかった場合には、剥がれ落ちて血液と共に体外に放出される(月経)わけですが、

プロスタグランジンというホルモンは生理の直前のタイミングで分泌され始め、子宮を収縮させることで、子宮内膜が剥がれるときに出る出血(経血)を体外に排出しやすくさせる働きがあるのです。

プロスタグランジンのこの働きは、それはそれで生理中には不可欠なものになるのですが、子宮の収縮があまりにも過剰になってしまうと、痛み、つまり腹痛や腰痛を感じやすくなってしまうのです。

つまり注意すべきは、このプロスタグランジンの分泌量。

プロスタグランジンの分泌量が多くなると、子宮の収縮が激しくなり、お腹や腰に痛みを感じてしまうのです。

また、子宮の収縮が過剰になるということは、その近くに位置する腸の働きにも影響を与えてしまいます。

大量のプロスタグランジンの分泌によって子宮の収縮が過剰になってしまった場合、腸の動きもそれにつられて活発になってしまい、その結果として下痢の症状が出てしまうこともあるのです。

プロスタグランジンの分泌量には個人差があるため、正常な分泌量ならこのような症状は起こらないのですが、分泌量が多い方は、これらの不調を感じてしまうことになるのです。

では、プロスタグランジンの分泌量というのは、個人の努力で正常な量にできるものなのでしょうか?

もちろん、これをするとプロスタグランジンの分泌量が必ず抑えられるというものはありませんが、生活習慣を見直すことで、プロスタグランジンが過剰に分泌されない身体の環境作りを整えることは可能です。

“血行” との関係性が深いプロスタグランジンの分泌量

血行とは、身体中を巡る血液の流れのことですが、血行が悪くなると、子宮は収縮しにくくなります。

先ほども触れましたが、プロスタグランジンというホルモンは、子宮を収縮させて、経血の排出をスムーズにすることが主な仕事ですから、普段から血行が悪く、子宮が収縮しにくいとなると、プロスタグランジンはその分泌量を過剰にして、子宮の収縮をさらに促してしまうのです。

ですので、生理前や生理中の腹痛や腰痛、下痢の症状が特に酷いとお悩みの方は、一度、自分のカラダの血行は良好かどうかをチェックしてみてはいかがでしょう?

 血行不良を引き起こす主な原因

  • 偏った食習慣(糖質・脂質過多)
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 冷え
  • 喫煙

偏った食習慣

糖質や脂質、つまり甘いものやこってりしたものばかりを食べていると、俗にいう血液ドロドロ状態を招き、血行不良を引き起こします。

運動不足

筋肉の収縮は血行を促進しますが、運動不足が慢性化してしまうと、筋肉量も落ちて、血液がうまくカラダの中を循環しづらくなります。

睡眠不足

人間のカラダは、眠っているときには副交感神経の働きで、血管が拡がります。けれど、睡眠不足の状態が続けば、血管が縮まって血流を悪くしてしまいます。

また、睡眠中の22時から2時の間には、成長ホルモンが分泌され、血液中の脂肪を燃やしてくれますが、この時間帯に起きているようであれば、そんな脂肪の燃焼もままならなくなり、血液ドロドロ状態を招いてしまいます。

ストレス

ストレスは女性ホルモンの分泌バランスに悪影響を与え、自律神経のバランスを崩して血行を悪くします。

冷え

カラダが冷えると、血液の中の脂肪や老廃物も冷えて固くなり、血液の循環を阻害します。冬場に水道管が凍って水の出方が悪くなるのとよく似ていますね。

喫煙

タバコを吸うと血管は収縮してしまい、血の流れは悪くなります。

 

血行不良の改善は、これらの生活習慣を見直すことで改善が期待できますが、血行を促してくれる食品もありますので、それらの食べ物を積極的に摂ることで血行不良改善を目指すこともできます。

血行を良くする食べ物

血行を促進する代表的な食品をご紹介します。

生姜

生の生姜には「ジンゲロール」という辛味成分が入っていて、ジンゲロールは血管を拡張する作用があって、摂取すると血流改善効果が期待できます。

また、生姜に熱を加えることで、ジンゲロールは「ショウガオール」という成分へと変化を遂げて、その血流改善効果も強力なものへと変化します。

ジンゲロールは同じ生姜でも、特に金時生姜に多く含まれています。

玉ねぎ

玉ねぎの辛味成分「アリシン」には、血液凝固を遅らせて、血液をサラサラにする効果が期待されています。

玉ねぎを切った時に涙目になるのは、このアリシンが気化して目を刺激するからなんですね。

アリシンは玉ねぎのほか、らっきょうにも多く含まれています。

青魚

青魚の油に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)

DHAは血管と血液をしなやかな状態にたもち、EPAは血栓の原因となる血小板の固まりやすさを防ぐといわれ、これらには血液の流れをスムーズにして血液をサラサラにする効果が期待されています。

またDHAには、生理前の腹痛や下痢、腰痛の原因と考えられているプロスタグランジンの分泌を抑える働きがあることもわかっています。

 

血行を良くする食べ物は他にもいろいろありますが、挙げればキリがないほどです。

また、DHAとEPAが配合されているサプリメントは、昨今の健康サプリメントブームの中、かなりの人気があるようですので、生理前の腹痛や下痢、腰痛でお悩みの方は、一度試してみる価値はあるかもしれません。

生理前の腹痛や下痢、腰痛の程度がひどい方は・・・

生理前の腹痛や下痢、腰痛の程度がひどく、日常生活を送るのに支障をきたしているような場合は、「子宮筋腫」や「子宮内膜症」、「子宮腺筋症」などの他の病気の心配もありますので、つらい場合はガマンせずに、早めに婦人科を受診するようにしましょう。