生理前のひどいイライラとPMS(月経前症候群)

生理前のひどいイライラはPMSという病気なの?

PMSを診察する医師

生理前のイライラに限らず、生理前のカラダの不調はその程度が激しいものなら、総称して「PMS(月経前症候群)」ということになります。

PMSの大まかな定義は、生理前の3~10日くらいの間に、継続的にココロやカラダに不調を覚えますが、ひとたび生理が来ると、その不調の程度は軽減したり、もしくはサッとなくなってしまうものをいいます。

症状としては;

(カラダの症状)

  • 肌荒れやニキビがでる
  • 頭痛や腹痛がひどくなる
  • カラダがむくむ
  • 乳房の腫れや痛みが起こる
  • 体重が増える

(ココロの症状)

  • イライラして気持ちが落ち着かない
  • 鬱のような症状を覚える
  • 頭がモヤモヤする
  • 怒りっぽく情緒不安定になる
  • 集中力がなくなる

などがあります。

ほとんどの女性は生理前にはこれら何らかの不調を覚えるものなので、PMSは女性の80%以上にその症状がみられるといわれています。

ただ、80%以上の女性に症状がみられるといっても、PMSの程度はひとそれぞれ個人差があります。

よく、PMSは病気か?病気ではないか?という話が出てきますが、PMSが病気なら、女性の80%以上の人が病気に罹っているということになります。

でもここで大切なのは、やっぱりPMSの程度の問題です。

毎月、生理前になるとカラダやココロに多少の不調を覚えることはあるけれど、仕事もできるし家事もできる。なので、日常生活を営む上で大した支障にはならない。

こういうことであれば、PMSがたとえ病気としたところで、医者へ行く必要もなければ薬を飲む必要もないでしょう。

けれど、PMSの程度が、日常生活に支障をきたすほどの程度の重いものなのであれば、それは、ガマンすることなく、すみやかに医師の診断をあおぐべきです。

PMSの症状が軽度であっても注意しなければならないこと

PMSの注意を促す医師

さきほども触れたように、PMSの定義は、生理前の3~10日くらいの間に、継続的にココロやカラダに不調を覚えますが、ひとたび生理が来ると、その不調の程度は軽減したり、もしくはサッとなくなってしまうものをいいます。

たとえば、生理前にイライラや頭痛、腹痛、鬱症状などの症状はあるものの、その程度は決して重いものではなく、そしてその発生の時期や期間もこのPMSの定義におおかた合致しているような場合には、それは軽度のPMSの症状で、医者や薬は必要なく、もし気になるようであればサプリメントを服用するくらいで事足りてしまうケースであるといえるでしょう。

ただ、症状の程度は軽いものの、その発生時期や期間がPMSの定義に合致しておらず、また、生理が始まったあと数日たっても症状の軽減がみられないような場合、すなわち生理の周期とは関係なしに症状が現れたり消えたりする場合には、PMS以外の他の病気によってPMSに似た症状が出ている可能性も考えられますので、一度しっかりと検査を受けてみる必要があるでしょう。

また、PMSに似た症状で、生理の周期とは関係なしに起こるものとして「更年期障害」があります。

これは生理の周期とは関係なく、女性ホルモンの分泌量が加齢と共に減ってしまったことでおこる症状で、45歳~55歳の女性にみられる症状です。

更年期障害は、閉経の前後約10年、PMSに似た症状が発症することになります(重い症状が出るのはこのうちの2~3年といわれています)。

PMSのサインを見逃さない!

PMSの症状は、一説には200~300種類くらいあるといわれています。先ほど示したもの以外で、例をあげると;

  • お腹が張る
  • 関節痛・筋肉痛
  • 便秘がちになる
  • めまいがする
  • ほてりがある
  • 吐き気がする
  • 動悸が激しい
  • 骨盤のあたりに圧迫感がある
  • 不安や緊張が交錯する
  • 優柔不断になる

などがあります。

これらの症状が、普段は日常生活に支障がなく、それほど気にならない症状だとしても、ひとたび生活習慣が乱れたり、食習慣に偏りができたり、また、過度のストレスにさいなまれたりした場合には、それら気にならなかった軽い症状が、日常生活に支障がでるほどの重い症状に変化していくケースも考えられます。

ですので、PMSの症状がたとえ軽いものであったとしても、これらの症状はカラダが示す小さなサインだと自覚して、生活習慣や食習慣の乱れには細心の注意を払うようにしたいものです。