生理前のイライラは生活習慣に問題あり?

生理前のイライラと生活習慣の改善

生活習慣の乱れた女性

生理前に起こるイライラなどの諸症状は、普段の生活習慣や職場環境、対人関係からくるストレスなどとも密接に絡み合っています。

生活習慣の乱れによる睡眠不足や昼夜逆転、それにストレスが蓄積してくると、女性ホルモンをカラダの中に分泌させようとする、脳の中にある視床下部という場所がパニック状態に陥って、自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスを崩してしまいます。

そうなると、女性ホルモンを出さなくてはいけないときに出さなかったり、必要のないときに大量に出したりと、女性ホルモンの分泌バランスが大きく崩れてしまう要因になります。

生理前のイライラの程度が重く、毎月生理の前になると憂鬱なときを過ごしている方は、今一度、生活習慣の見直しを行ってみてはいかがでしょう?

有酸素運動

ジョギングをする女性

運動と言うと、交感神経をイタズラに刺激してしまって、イライラの度合いが増幅しそうなイメージを持たれる方も多いと思いますが、実はそうでもありません。

確かに、激しい運動を行った場合は、交感神経をモロに働かせてしまうのですが、運動というのは激しい運動だけではありません。

ウォーキングやジョギングに代表される有酸素運動は、逆に副交感神経を適度に働かせることが分かっています。

ウォーキングやジョギングなど、有酸素運動を行っている最中では、確かに交感神経も働いているのですが、有酸素運動時は無意識のうちに正しく自然な呼吸を行っていますので、それにより、副交感神経が徐々に呼び覚まされていくのです。

自律神経は、私たち人間が意識的にはコントロールできない神経だと言いましたが、『正しい呼吸』だけは、自律神経をコントロールできる唯一の方法だと考えられているのです。

思い出してみてください。私たち人間は極度の緊張下に置かれたときには、大きく深呼吸をして緊張をほぐそうとしますよね。

あの行動は他でもなく、緊張下における交感神経優位の状態から、副交感神経を呼び覚まそうとしている のです。

副交感神経を呼び覚ます有酸素運動のポイントはまさに “正しい呼吸” にあるわけですから、正しい呼吸法を重視する “ヨガ” は、自律神経を整える運動としては最適なものの一つだと言えるでしょう。

睡眠の質の改善

ぐっすり眠る女性

睡眠の改善は、もうこれは睡眠の質をひたすら向上させるしかありません。

けれど、睡眠不足がいけないのだと考えて、睡眠時間だけを長くしても、それに睡眠の質が伴わなければあまり意味はありません。

ここにいくつか睡眠の質を向上させる方法を挙げておきますので、参考にしてみてください。

またこれらの睡眠の質を向上させる方法は、ストレスの軽減にも効果が期待できると思います。

入浴

ここで言う入浴は普段の身体を洗ったりする入浴ではありません。もちろんそれと同時並行的に行ってもいいのですが、ポイントはぬるめのお湯にしっかりと浸かるということです。

脳内の自律神経の一つである交感神経が優位な状態では、気持ちの良い眠りのつくことが難しいばかりか、睡眠に質にも影響を及ぼします。

38℃~40℃、冬なら41℃くらいのややぬるめのお湯にしっかりと浸かることで、脳内の副交感神経が刺激されて、心と身体が睡眠に入りやすい状態に変化して行きます。

逆に、冬場に寒いからといって熱いお湯に長々と浸かることは、交感神経が刺激され、血圧の上昇や心拍数の増加を招き、とても安らかな眠りに入る準備とは言えない状態を作ってしまいますので注意してください。

ただ、冬場の湯冷めには注意してくださいね。

運動(ストレッチ)

ぬるめのお湯で入浴を済ませたら、そのままストレッチにもチャレンジしてみましょう。ストレッチも副交換神経を刺激して、安らかな睡眠への土台を築いてくれまう。

じっくりやるなら1回で20分~30分、簡単に済ます場合でも10分くらいはやらないとあまり効果は期待できません。

しっかりとストレッチを行えば、全身の怠さや疲れがとり除かれて、気持ちもすっきりリフレッシュします。

ツボを押す

なかなか眠りにつけない場合、眠りに導いてくれるツボを押してみるのも良いかもしれません。

押したからといってすぐに安らかな眠りにつけるとは限りませんが、簡単にできる方法なので、羊を数えている時間を利用して、ちょっと押してみてはいかがでしょう。

  • 百会・・・頭のてっぺんにあるツボ
  • しんえ・・・おでこの真ん中で髪の生え際
  • だん中・・・胸の乳房の間
  • 巨闕・・・おへその上、鳩尾(みぞおち)にある尖った骨から指2本分下あたり
  • 風池・・・後頭部のうなじの外側の凹んだ部分(髪の生え際あたり)
  • 失眠・・・足のかかとのふくらみのほぼ中央あたり

ツボの位置が分かりにくい場合は、「ツボ ○○」で検索すると、図柄付きで紹介しているサイトがたくさんありますので、そちらを参考にしてください。

ストレスの軽減

ストレスの軽減は一筋縄では行きません。極力リラックスしたり、好きなことに時間を使ったり、お酒を飲んだりと、自分自身で工夫するしかありません。

睡眠のところでも紹介した「入浴」や「ストレッチ」、それに「ツボ押し」も、ストレス解消の一助になってくれる場合もありますので、試してみる価値はあると思います。

また、ハーブやアロマを利用することで、気持ちが楽になるケースもあります。クラシックなどの音楽、それに最近では気持ちをリラックスさせる音源などが販売されていたり、You Tubeなどでも公開されていたりしますので、一度のぞいてみてください。