生理前の頭痛、その原因と対策

生理前の頭痛に悩む女性

生理前の頭痛は、生理前のイライラと同じくらいお悩みの方が多い症状です。

そんな生理前の頭痛の原因は、ホルモンバランスの乱れが誘発しているのは生理前のイライラと同じなのですが、さらにもう一つ、

神経伝達物質の一つであるセロトニンが大きく関わっていることが分かってきています。

生理前の頭痛とセロトニン

生理前の頭痛は、多くの女性が経験済みの非常にやっかいな症状なのですが、その原因はみなさんご存知でしょうか?

生理前は「黄体期」といって、卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少して、黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加するのですが、この、卵胞ホルモンの減少こそが頭痛を引き起こす引き金となってしまうのです。

 卵胞ホルモン(エストロゲン)

卵胞ホルモンは、女性を女性らしく見せるためのホルモンです。卵巣機能を安定させる働きの他にも、女性特有の胸などの曲線ラインの形成や美肌効果もあり、別名「美肌ホルモン」と言われることもある女性にとっては無視できない女性ホルモンです。

生理前の黄体期に卵胞ホルモンの分泌が減少してしまうと、それに伴って、セロトニンという脳内物質の分泌までもが減少してしまいます。

 セロトニン

セロトニンは神経伝達物質の一つで、「やる気ホルモン」とも言われるドーパミンや、「怒りのホルモン」とも言われるノルアドレナリンといった神経伝達物質のバランスを整える働きを担っています。

神経伝達物質のバランスを整える役割を担うセロトニンの分泌が減少してしまうと、当然ドーパミンやノルアドレナリンのバランスが崩れやすくなってしまいますので、そうなると、思わぬところで「怒りのホルモン」であるノルアドレナリンが優位な状態になってしまうと、日中常に怒りっぽいような状態になってしまって、このことが生理前のイライラを誘発してしまうこともあります。

そしてもう一つ、セロトニンの減少で起こる身体の不調が頭痛なのです。

セロトニンが減少してしまうと、脳内血管の拡張が起こってしまって、頭痛が起こると考えられているのです。

セロトニンの減少を防ぐには?

このようなセロトニンの減少は、エストロゲンやプロゲステロンといった、女性ホルモンの乱れが端緒ととなって起こるものですが、

その程度が我慢できないほと重く、日常生活にも支障をきたすようであれば、PMS(月経前症候群)である可能性が高いと言えます。

そんな生理前の頭痛を改善するには、生理前の女性ホルモンの乱れを最小限に食い止める努力が必要になってきます。

当サイトの「生理前のイライラ対処法」では、そんな女性ホルモンの乱れを整えるいくつかの方法をご紹介しています。

>生理前のイライラ対処法

参考になさってください。

またその他に、セロトニンの減少を予防するには、次のような対策がおすすめです。

規則正し生活習慣

これは女性ホルモンのホルモンバランスを整える方法としてもご紹介していますが、規則正し生活、つまり「早く寝て、早く起きる」。これは人間の健康的な生活の基本にもなります。

朝早く起きて、朝に太陽の光を浴びることによってセロトニンの分泌量は増えると考えられています。

適度な単調運動

適度な単調運動はセロトニン神経を活発にします。

単調運動というのは、球技やダンスのような複雑な動作が必要のない運動のことです。

ウォーキングや軽いジョギングなどが最適といえるでしょう。

朝、いつもより少し早く起きてウォーキングをすることは、朝日をカラダ一杯に浴びることもできますので、セロトニン対策としては一石二鳥といえるでしょう。

セロトニンを増やす食品

必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンは、脳に運ばれると、ビタミンB6、マグネシウムとともにセロトニンを生成します。

とういうことは、トリプトファンやビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムを多く含む食品を摂取すれば、セロトニン生成を大きくサポートしてくれることになります。

  • トリプトファン・・・乳製品、大豆製品、ナッツ類、玉子、など
  • ビタミンB6・・・大豆製品、レバー、カツオ、さんま、など
  • マグネシウム・・・枝豆、オクラ、大豆、納豆、わかめ、ひじき、など

また、ナイアシンという成分は、それ自体がカラダに不足してしまうと、セロトニンよりもこのナイアシンを優先して作りだしてしまいます。

そういう意味では、ナイアシンの不足にも気をつけなければなりません。

 ナイアシン・・・レバー、カツオ、まぐろ、鶏肉、キノコ類、など