更年期のイライラと30代のイライラはどこが違う?

更年期でイライラする女性

更年期と呼ばれる女性の45歳~55歳くらいに起きるイライラなどのさまざまなカラダの不調は、20台、30代に経験する生理前のイライラとはどのように違うのでしょう?

今回は、それらのメカニズムをひも解くとともに、適切な対処方法などもあわせてご紹介したいと思います。

更年期と30代、女性ホルモンの分泌量に大きな違い

45歳~55歳くらいの年齢になればやってくる女性の更年期、この更年期に起こるイライラなどのさまざまなカラダの不調は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の不足によってもたらされると考えられています。

一方で、20代、30代に起こる生理前のイライラなどの諸症状は、生理前の黄体期と呼ばれる時期に、エストロゲンの分泌量が一時的に少なくなり、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が一時的に急上昇することによって起こってしまいますが、エストロゲンの絶対量が減ってしまうわけではありません。

ですので、生理前のイライラは、生理日を迎えることによってその症状は徐々になくなっていきますが、更年期のそれは、女性ホルモンのエストロゲンの絶対量が減ってしまっているわけですから、更年期と呼ばれる閉経をはさんだ前後約10年間は、カラダがそんな環境にうまく対応できず、さまざまな不調が発生してしまうのです。

更年期のイライラなどの諸症状はいつまで続く?

生理前のイライラなどの諸症状が、生理日を迎えたときから徐々になくなっていくのに対して、更年期のそれはどうなのでしょう?

長引く更年期の不調に悩む女性実は、20代、30代の生理前のカラダの不調に大きな個人差があるように、更年期によるカラダの不調も、大きな個人差があるのです。

通常、閉経をはさんだ前後約10年間といわれる更年期のカラダの不調ですが、これはあくまでも平均値。

更年期といわれる期間を過ぎて、カラダの不調が徐々におさまってくるのは、エストロゲンの分泌量が少なくなったカラダの環境に、カラダ自体が対応してくれるからに他なりません。

なので、エストロゲンの少なくなったカラダ環境になかなか馴染めない人は、更年期といわれる期間が過ぎてもなお、カラダの不調は続いていくことになります。

けれど、これには反対の側面もあって、更年期の間にもほとんど自覚症状を感じない人もいれば、更年期の間中ずっと、ひどい症状に悩まされる人、または閉経後10年たって更年期の症状に悩まされはじめる人など、おおきな個人差があるのです。

同じ女性でも、出産経験の有無や回数、それに出産年齢によって、カラダの中の環境はさまざまなカタチに変化しますので、これらの個人差があることは当然といえば当然なのですが、実は、そのようなこと以外にも、更年期の症状に影響を及ぼす “あるもの” があるのです。

更年期の症状に個人差をもたらす5つの “あるもの”

更年期の諸症状に影響を及ぼすものは、実は20代、30代の生理前の諸症状にも同じように影響を与えています。

このことは、20代、30代の生理前の諸症状も更年期に起こる諸症状も、根っ子の部分では繋がっているといっても過言ではないでしょう。

ここに更年期の症状に個人差をもたらす5つのものをご紹介しますので、心当たりのある方は、併記した改善方法なども参考にして、少しずつ見直していってはいかがでしょう?

食事の好き嫌い

食事の好き嫌い、つまり “偏食” は、カラダの中身の環境に大きな影響を与えますので、この好き嫌いが先ほどご説明した “個人差” に繋がる可能性が高いのです。

食事の好き嫌いなく、栄養バランスの取れた食事を小さいころから摂っている人と、栄養バランスの偏った食事を小さい頃から現在まで、ずっと続けている人とでは、更年期における症状の出方にも違いが出るのは明らかです。

栄養バランスの取れた食事をすることは、女性ホルモンの分泌バランスを整えることにもつながります。

食事で好き嫌いが激しい人は、今からでも遅くはありませんので、少しずつ直していってはいかがでしょう?

運動不足

日頃からカラダを動かすことが好きな人と、そうでない人の間にも、大きな個人差が出てしまいます。

運動不足の女性運動は自律神経のバランス(交感神経と副交感神経のバランス)を正常なものにするサポートの役割を担ってくれます。

日頃から自律神経のバランスを崩している人は、どうしてもイライラや抑鬱などの精神的なダメージを受けてしまいがちです。

そしてこれは、更年期の諸症状にも影響してしまいます。

ただ、運動が苦手で嫌いという人が、無理に運動をすると、かえってストレスを溜め込んでしまって、それも良くはありません。

そのような方は、はじめは軽いジョギングだけでも構いませんので、日常生活に気軽に取り入れるといった感覚で実践してみてはいかがでしょう。

血行不良

生まれつき冷え性にお悩みの女性の方は、慢性的な血行不良の体質なのかもしれません。

血行不良で、肩こりや首こりが慢性化してしまうと、脳への血流が悪くなってしまい、脳の疲れを誘発してしまうことがあります。

脳の中にある “視床下部” という場所は、女性ホルモンの分泌をコントロールしている大切な場所なので、脳が疲れてしまうと、ここにも悪影響を与えてしまいます。

日頃から肩こりや首こりでお悩みの方は、マッサージやストレッチで肩や首をほぐしたり、できるだけ血行の良くなるさまざまな対策を取り入れるといいでしょう。

ストレス

ストレスを受けると交感神経が優位になりますので、自律神経(交感神経・副交感神)に大きな影響を与えてしまいます。

しかしストレスだけは自分でコントロールすることはちょっと難しいかもしれません。

ストレスを溜め込んでいる人がストレスをなくそうと思い悩むことは、新たなストレスを発生させてしまう心配もあります。

自分でストレスが多いと感じている方は、まずは規則正し生活リズムを心がけた上で、軽い運動を取り入れるなどの工夫をしてみてはいかがでしょう。

喫煙

喫煙はエストロゲンの量を減少させるともいわれていますし、不妊症や生理不順を招くなど、女性のカラダの環境にとってはマイナス要素が多すぎます。

この機会にきっぱりとやめてしまっては?