生理前の食欲と体重増加対策

生理前、体重の増加を気にする女性

生理前の食欲とそれに伴う体重増加は、女性にとっては見過ごすことのできない大きな関心事です。

けれど、そんな生理前の食欲や体重増加は、女性のカラダの生理前、そして生理のあとのメカニズムをしっかりと理解しておけば、そんなに気にすることではないのかもしれませんよ。

今回は、生理前の食欲と体重増加について、そのメカニズムを深く掘り下げてご紹介しています。

生理前の食欲と体重増加が止まらない?

生理前に食欲が増すのはいつごろから?

生理前、食欲が増していく時期については、生理周期の乱れや個人差がありますので、一概に生理の何日前ということはできませんが、

生理前の食欲というのは、女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」が大きく影響していますので、食欲が増してくるのは黄体ホルモンの分泌が始まる「黄体期」、つまり生理の二週間ほど前ということになります。

生理前の体重増加、何キロ太る?

これは女性にとっては重大関心事に違いありませんが、これも「きっちりこれだけ太る」というものはありませんが、あとで説明するカラダのメカニズムの影響で、この時期にカラダが栄養分や水分をため込もうとすることは事実です。

ですのでこの時期のカラダは体重が増えやすい状態になっていて、1~3キロの自然増加は当たり前だと言われています。

でも、食事の量や間食の有無が正常であれば、この時期に増えた体重は、生理のあとには元に戻ることが多いようです。

生理前の食欲と体重増加、その原因は?

赤ちゃんのためのふかふかベッド作り?

生理の二週間くらい前から始まる「黄体期」という期間は、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌量がグンと上昇する期間です。

 黄体期

黄体ホルモンが分泌されて、子宮内膜をぶ厚く、そして柔らかくしていく期間が黄体期です。つまり、卵子と精子が結びついて受精卵になったときに備えて、受精卵のふかふかベッドを作っている期間です。

でも、このふかふかベッドを作るのは、そうたやすいことではありません。

フカフカベッドの原料は、カラダの栄養分や水分ですから、これらをカラダにため込もうとするために、生理前のこの時期に食欲が増して、それに伴って体重も増えていくのです。

これが生理前に食欲が増す一つ目の原因になります。

インスリンのいたずら?

そしてもう一つの原因はインスリンによるものです。

 インスリン

インスリンは、血液中の糖分、つまりぶどう糖を筋肉などの細胞へ送り込むホルモンです。

私たちのカラダにとって、糖分というのは必要不可欠なエネルギー源ですから、インスリンはそんな糖分であるぶどう糖を、カラダ中の筋肉をはじめとする各種細胞へ送り込んで、細胞が活発に働くようにしているのです。

けれど。生理前の黄体期に、先ほどもご紹介した黄体ホルモンという女性ホルモンが分泌され始めると、このインスリンの働きが鈍ってしまうのです。

インスリンの働きが鈍くなってしまうと、血液中にぶどう糖があふれてしまって、血糖値は上昇します。

黄体ホルモンが血糖値を上昇させると言われているのは、このような作用が認められているからです。

インスリンの働きが鈍くなり、血液中にぶどう糖があふれている状態というのは、糖分をカラダ中の細胞へ送り届けるという、インスリン本来の働きができていないことになります。

糖分をカラダ中の細胞へ送り届けるというのは、人間が生きて行く上で大変重要なことですので、その働きが鈍ってしまっては大変なことになります。

なので、黄体ホルモンの分泌によって、インスリンの働きが鈍っているとカラダが認めたその瞬間に、カラダは身の危険を察知して、さらに多くのインスリンを分泌しようとするのです。

しかしこの作用はかえって、インスリンの過剰分泌を招いてしまい、そうなると、今度は血液中の糖分が、過剰に分泌されたインスリンによって次から次へと運び出されてしまうために、カラダが必要以上に糖分、すなわち甘いものを欲しがるという結果を招いてしまうのです。

我慢しない!? 生理前の食欲と体重増加対策

生理前の体重増加を抑えるにはやっぱり、迫りくる食欲をコントロールするしかないのでしょうか?

しかし、食欲をコントロールするといっても、無理に食欲を抑え込んでしまうと、これは体調を崩す原因にもなりかねません。

第一女性のカラダは、カラダ自身のことを一番に考えて行動しているのですから、それに逆らって食欲を我慢するというのは得策ではありません。

なので、迫りくる食欲は我慢しないで、頭の片隅にちょっとだけ「食べ過ぎ注意」という思いをとどめておいて、あとは普通に食事をすることを心がければいいでしょう。

けれど、生理前の食欲や体重増加に対して、なにも対策を講じないというわけではありません。

体重増加対策、最大のポイントは生理のあと?

生理が終わって1週間から10日くらいの間は、黄体ホルモンに替わって、卵胞ホルモン(エストロゲン)というもう一つの女性ホルモンの分泌量が上昇しはじめます。

 卵胞ホルモン(エストロゲン)

黄体ホルモンが妊娠や出産を担当するホルモンなら、卵胞ホルモンは女性を女性らしくみせるためのホルモンで、別名「美肌ホルモン」とも言われることがあります。

女性を女性らしく見せるということは、すらっとしていて、なおかつ丸みのある女性のカラダを形作るという意味でもあります。

なので、このエストロゲンが分泌されている期間は、代謝が促進されやすく、脂肪燃焼の効率も良好な時期でもあるのです。

つまり、黄体ホルモンの分泌量が増える生理前が「太りやすい時期」ならば、卵胞ホルモンの分泌量が上昇するこの時期はその反対で、「痩せやすい時期」ということができるのです。

ですので、この時期を無駄に過ごしてしまっては、生理前の体重増加を帳消しにする機会をみすみす見過ごしてしまうことにもなりかねないので、ちょっと注意が必要です。

卵胞期にジョギングをする女性生理が終わって1週間から10日くらいの間は、卵胞ホルモンが積極的に分泌されている時期なので、この間にウォーキングやジョギングなど、積極的に有酸素運動を取り入れることが、増えてしまった体重を元に戻す最大のポイントと言えるのです。

また仕事の都合で、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をする時間がないという方は、通勤に使う最寄りの駅を、一駅だけ歩いて通うなどの工夫をしてみるのも一つの手段。

生理のあとのこの時期だけのことなので、比較的取り組みやすいのではないでしょうか?

またこの時期には、食事の内容にも注意を払って、できるだけカロリーの少ない食事をするようにすれば、運動効率のさらなるアップを目指すことができます。