生理前 イライラ

生理前のイライラ解消最終手段、そのメリットとデメリット

生理前のイライラ、ガマンにガマンを重ねても、良くもならなければ改善もしない・・・

 

ひたすらガマンを続けるのはもう限界! そんなときの最終手段、あなたは何を選びますか?

案内をする女医

 

  • サプリメント?
  •  

  • 漢方薬?
  •  

  • 市販の薬、「命の母」を買ってくる?
  •  

  • 婦人科へ行ってホルモン治療? ピルの服用?
  •  

  • 生活習慣の改善(食事・睡眠・ストレス etc.)?
  •  

それぞれメリットデメリットはありますが、何もしないよりかは、何か行動へ移したほうが、精神的にも良いはずです。

 

そこでこちらのサイトでは、生理前のイライラ解消を目指す最終手段を、そのメリット、デメリットを詳しく調べあげてご紹介していきたいと思います。

 

生理前のイライラ解消最終手段、サプリメントの場合

生理前のイライラ解消を目指すサプリメントは、ネットを中心に大変人気があるようです。

 

 

生理前のイライラ対策としてのサプリメントの利用、そのメリットとして考えられるのはもちろん、服用してイライラが解消されるということです。

 

 

実際、生理前のイライラ解消を謳っているサプリメントの購入者の感想などを調べてみても、ホントにイライラが解消されたと言う感想がたくさんみつかりました。

 

 

ただ、サプリメントは薬ではありませんので、飲んで必ず効くと言う保証はありませんし、販売ページなどで「生理前のイライラに効果がある」などと表記することは薬事法で禁止されています。

 

 

ですので、これらのサプリメントの販売ページに書いてあるのは、「女性ホルモンの分泌バランスの乱れを整える」といった表現がほとんどです。

 

 

生理前のイライラ解消にサプリメントを利用することにデメリットがあるとすれば、これら、「飲んで必ず効くとは限らない」ということだと思います。

 

 

けれど、生理前のイライラの原因は、女性ホルモンの分泌バランスの乱れが、生理前の身体と複雑に絡み合って起こっているということは事実ですので、「女性ホルモンの分泌バランスの乱れを整える」ことは、生理前のイライラを改善することにつながっていると考えることは自然のことだと言えます。

 

 

また、サプリメントが薬ではないということは、デメリットとして考えることも出来ますが、サプリメントは基本的に健康食品という分類になりますので、その服用に関しては副作用の心配がほとんどないという側面を見れば、それはメリットにもなる特徴だとも言えます。

 

 

そして肝心の価格面ですが、あとで紹介する生理前のイライラ解消を目指す「薬」や「漢方薬」の値段と比べても、サプリメントの値段は比較的リーズナブルだと言えます。

 

【生理前のイライラ解消最終手段としてのサプリメント まとめ】

 

メリット・・・副作用がほとんどない、薬や漢方薬に比べて価格が安い

 

デメリット・・・薬ではないので、飲んで確実に効くとは限らない

 

尚、副作用についてですが、これらのサプリメントは、女性ホルモンの分泌バランスに作用しますので、妊娠中や授乳期の方の使用はNGとなります。また、ホルモンバランスに関係する治療を行っている場合は、お医者さんとの相談が必要になります。

 

生理前のイライラに、おすすめのサプリメント

 

「命の母」でおなじみの小林製薬が販売している “発酵大豆イソフラボン” が入ったサプリメントです。


 

 

 

生理前のイライラ解消におすすめのサプリメントを、こちらのページでさらに詳しく!

 

コチラ ⇒ 生理前のイライラサプリ、その効果について

生理前のイライラ解消最終手段、漢方薬の場合

生理前のイライラ解消に漢方薬を利用する方は、薬の副作用は心配だけれど、サプリメントは信用できない・・・。そのような方の利用が多いような印象を持ちます。

 

 

ただ、漢方薬には全く副作用がないというのは間違った解釈で、漢方薬の副作用は西洋薬に比べて起こりにくいというだけで、漢方薬も身体に合わない場合などは副作用が出ることもあります。

 

 

また、価格面でも、漢方薬は安いという印象を持たれている方も多いかもしれませんが、市販の薬と同程度、または市販の薬よりも高い漢方薬もあります。

 

 

漢方薬を服用するメリットは、何と言っても体質の改善にあります。「未病」と呼ばれる、病気と言うほどのことではないけれど、だんだんと病気の方向に向かって行っている状態では、漢方の服用は有効な手段だと考えられています。

 

 

生理前のイライラも、病気と言うほどのことではないけれど、イライラしているときはとても辛いものです。そんな体質を長い時間をかけてじっくり改善して行くには、漢方薬の服用も一つの手段になることでしょう。

 

【生理前のイライラ解消最終手段としての漢方薬 まとめ】

 

メリット・・・未病と呼ばれる状態から、時間をかけて体質を改善する。

 

デメリット・・・副作用がないわけではない。価格も若干高めになる。

 

漢方薬は明らかに薬のカテゴリーに入りますので、医師の処方以外でご利用になられる場合は、薬局やドラッグストアの薬剤師の方と十分に相談してから利用するようにしてください。

 

生理前のイライラにおすすめの漢方薬

 

加味逍遙散(かみしょうようさん) / ツムラ漢方

 

加味逍遙散

価格 内容量 分類

2,600円(税抜)

90錠(10日分)

第2類医薬品

 

ツムラの漢方の中でも、女性向け漢方とされている漢方薬なので、女性の方でも安心してご利用いただけると思います。

 

 

>>>加味逍遙散を、楽天市場で検索

 

 

 

生理前のイライラ解消にオススメの漢方薬、こちらのページで更に詳しく!

 

生理前のイライラに漢方を選ぶ

生理前のイライラ解消最終手段、市販薬 “命の母” の場合

女性が感じる生理の不調を改善する市販薬として有名なのは、小林製薬から出ている「命の母」ですよね。

 

 

その歴史はすでに100年以上あるそうで、なんと明治の時代から、多くの女性に親しまれてきた薬が「命の母」なんです。

 

 

あの有名な女流歌人与謝野晶子もその歌の中で、「命の母」に触れているほどですから、その当時から、どれだけの影響力があったかは想像に難くないと思われます。

 

 

そんな「命の母」ですが、市販されている「命の母」には2種類あって、生理前のイライラにオススメなのは「命の母ホワイト」になります。

 

 

簡単に説明しますと、「命の母ホワイト」は、その対象年齢を20代〜40代に設定していて、生理前後のさまざまな不調に対応してくれます。

 

 

一方もう一つの命の母は「命の母A」。知名度はこちらの方が高いと思いますが、こちらの命の母は、対象年齢を40代〜50代と比較的高めに設定していて、更年期による不調が主な守備範囲となっているようです。

 

 

命の母を利用する最大のメリットはその知名度による安心感でしょうか? これだけの長い間販売されていて、高い人気をずっとキープしているのは、それだけ大きな需要があるということで、命の母を飲んで症状が改善された方も数多くいらっしゃるはずです。

 

 

ただ、命の母で気になるのはその副作用。googleで「命の母 副作用」と検索をかければ;

  • 命の母 副作用 太る
  • 命の母 副作用 不正出血
  • 命の母 副作用 下痢
  • 命の母 副作用 出血
  • 命の母 副作用 動悸
  • 命の母 副作用 吐き気
  • 命の母 副作用 かゆみ
  • 命の母 副作用 湿疹

といった、ちょと気になる副作用の症状がサジェストとして表示されます。

 

 

でもまあ、薬に副作用はつきもので、効果に個人差があるように、副作用にも個人差があります。また、「命の母 副作用」と検索してこれだけのサジェストが表示されるということは、裏を返せば、それだけ多くの方が命の母を利用していることの現れでもあります。

 

 

漢方薬と同じで、命の母も「第2類医薬品」というれっきとした薬ですので、購入の際には医師や薬剤師の方にきちんと相談する。このことを守って服用する分には何も問題はないと思います。

 

【生理前のイライラ解消最終手段としての命の母 まとめ】

 

メリット・・・圧倒的な知名度、安心感、利用している人の多さ。それなりの効果が期待できる。

 

デメリット・・・副作用、ちょっと高めの価格設定、その他

 

命の母 ホワイト / 小林製薬

 

命の母ホワイト

 

価格 内容量 分類

2,400円(税抜)

180錠(1回4錠、1日3回毎食後)

第2類医薬品

 

 

>>>命の母 ホワイトを、楽天市場で検索

 

 

 

デメリットに “その他” って書いてあるのは、『命の母』に関して、ちょっと気になる情報を入手したためです。確かに納得の行くその内容をご覧になりたい方は、こちらのページでご確認ください。

 

コチラ⇒ 生理前のイライラに、市販薬を試す

生理前のイライラ解消最終手段、婦人科受診の場合

生理前のイライラで、その程度が尋常ではない場合、誰でも心配になり、病院へ行くことを考えると思います。

 

 

どこの病院を受診するか? 基本的にはいつも行っているかかりつけのお医者さん(内科医など)で良いとは思いますが、生理に伴う身体の不調は、厳密な区分けをするならば、婦人科のお医者さんに診てもらうのがベストと言えるでしょう。

 

 

専門のお医者さに診てもらうメリットは、やはりその道に詳しいということです。特に大学病院や総合病院などのお医者さんなら、日々の診察の傍らで、自分の専門の分野に関しては注意深く目を光らせているはずですから、最新の研究成果などにも詳しいはずです(勉強不足のお医者さんは別ですが^^)

 

 

診察の際、今現在の自分の身体の不調を、事細かくお医者さんに報告することと思いますが、最新の研究成果に詳しいお医者さんほど、今身体に起きている細かな異変を見逃しません。

 

 

普通の町のお医者さんなら見落としがちなことでも、しっかり反応してくれて、そこをさらに掘り下げて質問してくるお医者さんも数多くいらっしゃいます。

 

 

ただ逆に、町の内科医のお医者さんでも、勉強熱心な先生なら、身体に起こっている細かな異変に気付いてくれるお医者さんもいるはずです。

 

 

でもこれだけは、受診する私たち素人の目には分かり難い側面があります。

 

 

そういう場合にはやはり、地元の評判やその病院の近くに住んでいる人の意見を参考にしなくてはなりません。比較的大きな病院なら、インターネットで評判を調べることも可能でしょう。

 

 

私の経験で恐縮ですが、引っ越し先の新天地で歯痛に悩まされた時に、たくさんある歯医者さんの中からどの歯医者さんを選ぼうかと迷ったときに、近くのタバコ屋さんや酒屋さん、花屋さんに聞いてみたことがあります。

 

 

それらの意見を総合的に判断して決定した歯医者さん、とても親切で腕の良い歯医者さんでしたよ^^。

 

 

生理前のイライラがひどくて婦人科を受診した場合、低用量ピルや漢方薬での治療が一般的なようですが、お医者さんによっては、患者さんへの問診の結果、薬での治療がふさわしくないと判断した場合や、患者さん自体が薬での治療を望まないと言った場合には、「栄養療法」や「食事療法」を提案してくるお医者さんもいらっしゃるようです。

 

 

ただ、当たり障りのない問診をした挙句、他に何の検査もしないで、低用量ピルを処方するだけで終わり・・・といったような対応をされた場合には、セカンドオピニオンも視野に入れた方が良いでしょう。

 

 

セカンドオピニオンとは、一人の先生だけではなく、複数の専門家の先生の意見を聞くと言うことです。

 

 

「やぶ医者」とまではいかないまでも、患者の診療より、お金やその他のことに興味をお持ちのお医者さんも少なくないご時世です。そのお医者さんから説明された診断や治療方法に疑問を持ったり納得がいかなかった場合には、そういう時代だと割り切って、次のお医者さん、セカンドオピニオンを受けることも一つの大きな選択肢です。

 

【生理前のイライラ解消最終手段としての婦人科受診 まとめ】

 

メリット・・・症状が確実に改善するまでとことん面倒を見てもらえる

 

デメリット・・・お医者さんによるアタリ・ハズレがある場合もある(そんな場合はセカンドオピニオンを積極利用)

 

生理前のイライラ解消最終手段、生活習慣の改善の場合

生理前に起こるイライラなどの諸症状が、普段の生活習慣や食事の栄養バランスの悪さから来ているのだと自覚をしている人なら、それらを改善することもイライラ解消の有効な手段になる場合があります。

 

 

普段の生活習慣、食習慣の乱れと言うものは、女性ホルモンの分泌バランスにモロに影響を与えてしまいます。

 

 

それは何故かと言えば、生活習慣の乱れによる睡眠不足や昼夜逆転、それにストレスや偏食(栄養バランスの乱れ)、または無理なダイエットなどをしていると、女性ホルモンを身体の中に分泌させるように命令を出す脳の中にある視床下部という場所がパニック状態に陥ってしまうのです。そうなると、女性ホルモンを出さなくてはいけないときに出さなかったり、必要のないときに大量に出したりと、女性ホルモンの分泌バランスが大きく崩れてしまう結果を引き起こします。

 

 

そしてこれが、生理前のイライラなどの諸症状の原因になっているケースがあるのです。

 

 

なので、これらの生活習慣をしっかりと見直した場合、生理に関わる身体の不調も改善されることがあるのです。

 

食生活の改善

次のような栄養の入った食品を普段食べていないのなら、少しずつでも構いませんので、毎日の食生活に取り入れるようにしてください。またこれらの栄養素はそれらの効果が影響し合う相乗効果も期待できますので、サプリメントなどである特定の栄養素だけを集中的に摂取するといった行動はあまりオススメできません。

 

ビタミンB群
  • ビタミンB1・・・エネルギー不足を補いイライラ予防(豚肉、玄米、胚芽米 など)
  • ビタミンB6・・・ホルモンバランスを整えてくれます(レバー、カツオ、マグロ、大豆製品 など)
  • ビタミンB12・・・睡眠・覚醒のリズムの正常化(かつお、さんま、チーズ、納豆 など)

 

ビタミンC

女性ホルモンの一つ、エストロゲンの血中濃度を上げます。

柑橘(かんきつ)類、生野菜 など

 

ビタミンE

脳下垂体にアプローチして、ホルモンバランスを整えてくれます。

ナッツ類、西洋かぼちゃ、うなぎ、たらこ、アボガド など

 

イソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることで良く知られた成分。

納豆、豆乳、豆腐などの大豆食品

 

カルシウム / マグネシウム

カルシウムが不足するとイライラすると言う話は良く聞きますが、イライラを招くほどにカルシウムが不足することは、現代の日本社会ではあまり考えられないみたいです。

 

 

かといって、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを軽視してはいけません。、これらのミネラルをセットで摂取することは、脳の神経や精神を安定させ、ストレスに対抗してくれる効果が期待できるのです。

カルシウム・・・牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品、大豆製品 など
マグネシウム・・・ナッツ類、海藻類、大豆製品、玄米 など

 

亜鉛

生理前は亜鉛不足に陥りやすく、そうなるとイライラしたり落ち込みやすくなったりと、亜鉛不足の症状を起こしてしまうケースもあるようです。昨今の「キレやすい子供」の原因の一つにも亜鉛不足が挙げられているくらいです。

牡蠣(かき)、牛レバー、うなぎ、ナッツ類 など

 

鉄分

鉄分の不足もイライラに拍車をかけると言われています。鉄分不足はイライラや貧血を招くだけではなく、腰痛や肩こり、便秘や下痢にも発展しかねません。特に女性は生理による鉄分の損失もありますので、日頃からしっかりと摂取しておきたいものです。

レバー、ひじき、パセリ、ほうれん草、あさり、干しエビ、高野豆腐 など

 

睡眠の改善

睡眠の改善は、もうこれは睡眠の質をひたすら向上させるしかありません。

 

 

睡眠不足がいけないのだと考えて、睡眠時間だけを長くしても、それに睡眠の質が伴わなければあまり意味はありません。

 

 

ここにいくつか睡眠の質を向上させる方法を挙げておきますので、興味のある方は参考にしてみてください。
またこれらの睡眠の質を向上させる方法は、ストレスの軽減にも効果が期待できると思います。

 

入浴

ここで言う入浴は普段の身体を洗ったりする入浴ではありません。もちろんそれと同時並行的に行ってもいいのですが、ポイントはぬるめのお湯にしっかりと浸かるということです。

 

 

脳内の自律神経の一つである交感神経が優位な状態では、気持ちの良い眠りのつくことが難しいばかりか、睡眠に質にも影響を及ぼします。

 

 

38℃〜40℃、冬なら41℃くらいのややぬるめのお湯にしっかりと浸かることで、脳内の副交感神経が刺激されて、心と身体が睡眠に入りやすい状態に変化して行きます。

 

 

逆に、冬場に寒いからといって熱いお湯に長々と浸かることは、交感神経が刺激され、血圧の上昇や心拍数の増加を招き、とても安らかな眠りに入る準備とは言えない状態を作ってしまいますので注意してください。

 

 

ただ、冬場の湯冷めにはご注意くださいませ^^。

 

運動(ストレッチ)

ぬるめのお湯で入浴を済ませたら、そのままストレッチにもチャレンジしてみましょう。ストレッチも副交換神経を刺激して、安らかな睡眠への土台を築いてくれまう。

 

 

じっくりやるなら1回で20分〜30分、簡単に済ます場合でも10分くらいはやらないとあまり効果は期待できません。

 

 

しっかりとストレッチを行えば、全身の怠さや疲れがとり除かれて、気持ちもすっきりリフレッシュします。

 

ツボを押す

なかなか眠りにつけない場合、眠りに導いてくれるツボを押してみるのも良いかもしれません。

 

 

押したからといってすぐに安らかな眠りにつけるとは限りませんが、簡単にできる方法なので、羊を数えている時間を利用して、ちょっと押してみてはいかがでしょう?

 

  • 百会・・・頭のてっぺんにあるツボ
  • しんえ・・・おでこの真ん中で髪の生え際
  • だん中・・・胸の乳房の間
  • 巨闕・・・おへその上、鳩尾(みぞおち)にある尖った骨から指2本分下あたり
  • 風池・・・後頭部のうなじの外側の凹んだ部分(髪の生え際あたり)
  • 失眠・・・足のかかとのふくらみのほぼ中央あたり

 

ツボの位置が分かりにくい場合は、「ツボ ○○」で検索すると、図柄付きで紹介しているサイトがたくさんありますので、そちらを参考にしてください。

 

ストレスの改善

ストレスの改善は一筋縄では行きません。極力リラックスしたり、好きなことに時間を使ったり、お酒を飲んだりと、自分自身で工夫するしかありません。

 

 

睡眠のところでも紹介した「入浴」や「ストレッチ」、それに「ツボ押し」も、ストレス解消の一助になってくれる場合もありますので、試してみる価値はあると思います。

 

 

また、ハーブやアロマを利用することで、気持ちが楽になるケースもあります。クラシックなどの音楽、それに最近では気持ちをリラックスさせる音源などが販売されていたり、You Tubeなどで公開されていたりしますので、一度のぞいてみてください。

 

【生理前のイライラ解消最終手段としての亜生活習慣の改善 まとめ】

 

メリット・・・手軽にできる。あまりお金をかけないでできる。

 

デメリット・・・継続することで一定の効果は期待できるが、即効性はなく、全く効かないケースもある。


トップページ 生理前のイライラ・原因 生理前のイライラ・サプリ 生理前のイライラ・専門医